2017年03月14日

残業上限100時間未満に

残業規制に関する議論は、「月100時間未満」で、

罰則付きの残業上限規制を定める労働基準法改正案が

国会に提出されることになりました。

これを規制というかどうか・・・

法定労働時間(1日は8時間)を超えて働く時間での議論ですから

繁忙期とはいえども、大変な負担であることはいうまでもありません。


年度替わりで、36協定の内容に関してのご相談も増える時期ですが、

上限時間を決めるときは、慎重に協議を進めたいものです。



posted by 佐佐木由美子 at 14:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人事労務関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする