2018年04月04日

「自由」という名のもとの不自由な働き方

多様性のある働き方をするために、どのような人事制度とすべきか、

ご相談を頂く機会が多いですが、当然ながら労働法制の縛りもあるので

全く勝手に法律を無視した制度とするわけにはいきません。

しかし、「自由」という名のもとに、違法なやり方をしている企業を見聞きすると

複雑な気持ちになります。

働く側も、企業の見極めが大切です。

以前に、給与遅配が続き、果ては未払い状態になっているにもかかわらず

カリスマ経営者のもとで正常な判断ができず、働き続けている方がいました。

様々な状況で働いている方がいると思いますが、

客観的にあるいは専門的な立場から意見を聴く機会は

日々の生活の中では、なかなか少ないかもしれません。

日頃働く中でのちょっとした疑問は、実は大した問題である場合もあります。


サロン・ド・グレースでは、これまで様々な立場で働く女性の方が

ご参加くださいました。

情報を共有することで、新たな気づきを得ることができた、と笑顔で帰る方を見ると

私もとても嬉しい気持ちになります。

次回5月16日に開催しますので、ご興味のある方はどうぞお気軽にご参加ください!

詳しくはこちらから↓

salon-de-grace.jpg
5月16日開催 サロン・ド・グレース

posted by 佐佐木由美子 at 17:07| 東京 ☀| Comment(0) | 女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする