2019年01月07日

女性の就業継続

女性の就業継続を考えたときに、

両立支援制度が整備されていることは重要ですが、

あくまでも出発点であり、

そこばかり手厚くすることで、かえって弊害がもたらされることもあります。

女性活躍という点では、他にも目を向ける必要があります。



働き方改革は、マジョリティである男性の働き方にアプローチする点において

非常に意味があるもので、ひいては女性の働き方に影響を与えるものといえます。

女性の働き方を考えるとき、女性だけに目を向けるのではなく

組織全体で見ていく必要があるでしょう。














posted by 佐佐木由美子 at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | 人事労務関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする