2019年02月08日

インフルエンザと仕事

インフルエンザにかかりながらも、出勤を命令する会社がある

という記事を読んで、驚いてしまいます。


いくら人手不足だからといっても、感染する病気に罹患している従業員に

出社を命じるということは考えられないことですし、

使用者に課されている安全配慮義務を全く無視したものです。


ノーワーク・ノーペイの原則はあるので、入社して間もない方は

年次有給休暇が付与されていないケースは考えられ、

無給になることは仕方ない場合もありますが、

健康保険から傷病手当金の制度もあります。

こちらは連続した休みが3日以上ある場合に4日目から

支給対象となります。

年次有給休暇がある方はこういうときこそ

使っていただきたいと思います。


今年は、例年よりもインフルエンザに関する対応について

事業所様からのご相談を受けているように感じます。

少なくとも、私の周りではインフルエンザで出社命令をしているような

会社を見ることはありません。


しかし、病院や薬局でスーツ姿の人を見かけることはありましたので、

インフルでなくても、無理して仕事をしている方は少なくないのかもしれません。

健康第一ですから、体調がつらいときは休むに限ります。





posted by 佐佐木由美子 at 13:40| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする