2019年07月04日

AIと雇用

本日の日経新聞朝刊に掲載されていた

慶応大・山本勲教授の記事(経済教室)を興味深く読みました。

AIと雇用に関するもので、

かつて、英オックスフォード大学のオズボーン博士ら

によるショッキングな予測結果に言及し、

AIによる雇用喪失に定説はないという立場にたって

自らの共同研究結果を紹介。

AI導入により、仕事のやりがいだけでなく、

ワークエンゲージメントやメンタルヘルスが改善

することが示されたといいます。

だだし、これは日本的雇用慣行の下での正規労働者に

関してであり、従事するタスクの種類が限定される

非正規労働者においては、AI導入により置き換えられる

リスクは高いと言えるようです。

タスクの高度化を促すような非認知スキルの育成が

重要であるというのは、非常に頷けるところです。






posted by 佐佐木由美子 at 12:42| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする