2019年07月23日

コンプライアンスとパワハラについて

某社社長の会見を見ながら、

コンプライアンスとパワーハラスメントについて

いろいろと考えてしまいます。

パワハラをする人は、自身がパワハラをしているという認識

が欠落しています。

パワハラの風潮のある職場では、円滑なコミュニケーションどころか

正当な意見さえも言うことができません。

それでは、組織が成長するどころか、

腐敗してしまいます。

職場の風土改革は、組織が大きいほど容易ではありません。

それは人次第…のところもあります。


今、職場では様々なハラスメントが問題となっています。

優越的な地位にある人こそ、

意識改革が求められているのではないでしょうか。












posted by 佐佐木由美子 at 10:35| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする