2017年02月01日

定額残業制について

定額残業制を採り入れている企業は多いかと思いますが、

安易な制度設計や運用は、大変リスクを伴うものだと感じます。

過去の裁判例を見ても、無効とされているケースは多く

設計そのものと、日々の運用をどこまでしっかりと行っているか、

採用する企業側はきちんと対応する必要があるでしょう。

従業員側にとっても、自社の制度がどのように設計されているのか

知っておくことがとても大切だと思います。

定額残業制については、昨日も制度設計に関する見直しのご相談が

ありましたが、時代とともに働き方は変わっていると感じます。








posted by 佐佐木由美子 at 16:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック