2017年03月15日

フレックスタイムで思うこと

柔軟性のある働き方の一つとして、フレックスタイム制があります。

実際にフレックスタイム制の導入についてコンサルティングをさせていただくと、

組織風土に非常にマッチしている企業と、そうでない企業もあることを感じます。

事業部ごとに労働時間制度が異なる場合、

勤怠管理や給与計算等の運用面で煩雑になることもありますが

社員間における感情面で問題となるケースも見受けられます。

これから、ますます働き方が多様化してくる中で

新たな課題も出てくるだろうと感じる今日この頃です。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
グレース・パートナーズ社労士事務所
http://www.sasaki-sr.net/
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*





posted by 佐佐木由美子 at 18:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人事労務関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447998071
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック