2018年10月03日

人生100年時代に備える「リカレント教育」の大切さとは

働き方改革においても取り上げられている「リカレント教育」。

生涯で働く期間が延びる今後のことを考えると、

とても大切なことになるだろうと思います。


自分自身の人生を振り返ってみると、リカレント教育という言葉が

出始めるずっと以前に実践していました。

一度仕事から離れて学んだ期間もあれば、働きながら学んだ時期もあり、

やはり仕事をしながら高等教育を受け論文を書いたりすることは

今振り返ってもなかなかハードであったと思います。

しかし、その意義はあったと思います。



日経ウーマンオンラインの連載(本日更新)では、リカレント教育について

書いています。

ぜひご覧ください!

 ↓  ↓  ↓
 
人生100年時代に備える「リカレント教育」の大切さとは
https://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/179201/092800102/



posted by 佐佐木由美子 at 09:49| 東京 ☀| Comment(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。