2018年10月20日

ヘルベルト・ブロムシュテット

偉大なマエストロ、ヘルベルト・ブロムシュテットによる

N響第1895回定期公演に行ってきました。

世界には著名な指揮者がたくさんいますが

私が最も尊敬する指揮者であり、

その姿を今年も間近で見られたことは大きな喜びです。

今回はハイドンとマーラーのプログラム。

素晴らしかったです。


演奏内容:

ハイドン/交響曲 第104番 ニ長調 Hob.I‒104「ロンドン」

マーラー/交響曲 第1番 ニ長調「巨人」


こちらの自伝も、ぜひ読みます。



ヘルベルト・ブロムシュテット自伝 音楽こそわが天命





posted by 佐佐木由美子 at 20:01| 東京 ☀| Comment(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。