2019年06月14日

パタハラの顕在化

パタニティー・ハラスメントに関して、各所で問題化している事案が

最近目立っているように思います。

弊所でも、男性の育児休業についてのご相談が増えてきたことを実感しますが

会社側もパタハラを意識してか、

その対応については過敏になっているようにも感じられます。

制度面においては、男性と女性で若干の違いがある部分はありますが、

社会保険の免除も受けられますし、育児休業給付金を申請することも可能です。

会社側が従業員に発するメッセージや対応は

今後ますます重要になるでしょう。




posted by 佐佐木由美子 at 11:18| 東京 ☀| Comment(0) | 人事労務関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。