2017年01月23日

睡眠時間と疲労の関係

勤務間インターバル制度の記事を執筆しながら、

果たして自分はインターバルが取れているのだろうか??と

自問自答してしまいました。

睡眠時間と疲労の関係性については数々の研究がありますが、

生産性を高めて効率的に仕事をするためには、

しっかりと(量・質的に)睡眠時間が確保できることが

非常に重要です。

長時間労働にある人は睡眠時間も必然的に少ない傾向にあり、

恒常的にそうした状態が続くことは健康を害します。

私も今年のテーマは健康であり、質の良い睡眠を確保することを

目指しています。

調査研究を読んでいると、実は(目標としている)6時間でも足りず、

7時間の睡眠を毎日確保できることが理想であることを改めて感じました。

…なかなか現実には難しいのですが、1日でもそうした日を増やせるように

心がけたいと思います!







posted by 佐佐木由美子 at 20:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする