2019年08月29日

強制加入となる保険


法人であれば強制加入の社会保険(健康保険・厚生年金保険)

労働者のいない一人社長であっても、

役員報酬を出している場合は加入義務があります。


また、アルバイト・パートなどの雇用形態にかかわらず、

労働者が一人でもいる事業主であれば、

法人にかかわらず個人事業主であっても

労働保険(労災・雇用保険)に

加入する義務があります。


各種保険に加入していないと、いざというときに

保険給付を受けることができなくなってしまいます。

これは被保険者となるべき労働者にとって、

とても大きな問題です。

うっかり入社したときに手続きを忘れていた、

というご相談も会社の方から受けることがあります。

算定基礎届を提出していなかったり、

労働保険の年度更新をしていなかったり・・・

本当にいろいろな相談があるものです。














posted by 佐佐木由美子 at 23:01| 東京 ☀| Comment(0) | 働き方・人事労務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする