2020年09月10日

美しい言葉で世界を語りたい


大統領選で繰り広げられる、ネガティブ・キャンペーン。

なぜ公の舞台で、あのような言葉が語れるのだろうかと。


ネットの世界でも、心ない言葉を見かけることがあります。

もちろん言論の自由はあります。

けれど、意図的に人を傷つけるような言葉を、

私は見たくありません。


たとえ自分とは異なる意見であっても、

それはその人の意見であって、

責める理由にはならないはずです。


他に寛容な社会であることを、

美しい言葉があふれることを願って。







posted by 佐佐木由美子 at 12:11| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする