2019年11月23日

WLB&多様性推進・研究プロジェクト11回成果報告会

昨日は中央大学大学院戦略経営研究科のワーク・ライフ・バランス&多様性推進・研究プロジェクト 第11回成果報告会に、お手伝いとして参加させて頂きました。

IMG_20191122_162722 (002).jpg

以下4つの分科会のあと、全大会へ。

分科会A 変わる管理職の役割:「部下を伸ばす」管理職をどう生み出すか

分科会B 女性活躍と男性の子育て

分科会C 高齢者雇用を本気で考える:「福祉的雇用」から「活躍」へ

分科会Dダイバーシティ経営の基礎を学ぶ:マネジメントの役割

私は分科会Dに参加。

全般的に女性のダイバーシティ/人事部門の方が多く、グループディスカッションもオブザーブさせて頂きましたが、各社ぞれぞれの課題があることを実感。

全体会では、女性が活躍するためにも関連性のある男性の子育てについて、企業がどこまで関わっていくべきかなど議論。

自称イクメンの人は多数いますが、本当に我事として育児家事にコミットしている男性が増えていかねば、女性が疲弊してしまいます。

この問題、なかなか根深いものがあります。








posted by 佐佐木由美子 at 14:07| 東京 ☔| Comment(0) | 女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする