2020年07月11日

日本フィル7月東京定期公演_サントリーホール

今日はサントリーホールで開催された、

日本フィルハーモニー交響楽団の7月東京定期演奏会へ。

--------------------------------------------
指揮:広上 淳一

プログラム
バッハ:ブランデンブルク協奏曲第3番 
ブラームス:交響曲第1番
--------------------------------------------


楽団員の想いが伝わるような素晴らしい演奏。

観客は半分程度に抑えられていましたが、大喝采でした。

私も腕が痛くなるくらい、大きな拍手を送りました。

通常よりもショートカット(休憩なし)のプログラムでしたが、

今日の選曲、ブラームスの1番は、

再開のこの日に合っていると感じました。

そしてバッハは言うまでもなく大好きな作曲家。

今日は久々に心が躍りました。

生演奏だからこそ味わえるものです。

声出し禁止だったので、ブラボー!の声はありませんでしたが、

ファンが最後に「ありがとう」の垂れ幕を掲げ

クラシックコンサートでは決して見られない光景も。

皆こうして生演奏が見られる日を

楽しみにしていたのだとつくづく感じます。


サントリーホールのコロナ感染対策も徹底されていて、

安心して音楽を楽しむことができました。




そして、

今日は永遠のマエストロ、ヘルベルト・ブロムシュテットの

お誕生日ということで、心からお祝いを。





posted by 佐佐木由美子 at 21:54| 東京 ☀| Comment(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする